ゲーム積み立て名人

ゲーム積み立て名人

主にドラクエ10ネタ系ブログ、基本はゲームブログだお

【ドラクエ10初期勢】Ver1時代、皆が通った道!「ポポラパ洞窟のおどる宝石狩り」

前回の記事はVer1時代裏ボスの存在だった

なつかしのベコン渓谷の奥地にる

キングリザードに会いにいく記事でしたが

今回の思い出ツアーは

バージョン1の初期のプレイヤーほとんどのひとが

皆が通った道、

後にどんなガチプレイヤーでも富豪プレイヤーなったプレイヤーも

皆が最初にやった

おどるほうせき狩り金策

ポポラパ洞窟おどるほうせきに会いに行くツアーです

f:id:tumitate03:20211108224157j:plain

スタートはオルフェア地方東のピィピのお宿から

当時ここを拠点にして洞窟を行き来した生活を送ってましたわ

肝心のポポラパ洞窟自体はすぐ近くにありましたよね

f:id:tumitate03:20211108224339j:plain

 

ポポラパ洞窟なつかしいなあ

f:id:tumitate03:20211108224429j:plain

f:id:tumitate03:20211108224500j:plain

 

めっちゃなつかしいなあw当時毎日通いましたわ

f:id:tumitate03:20211108224519j:plain

 

おっいたいた!

f:id:tumitate03:20211108224736j:plain

サービス開始時皆お金を稼ぐ手段なんて知らなかったし

あの時代、日替わり討伐もなくまして強オーブで金策なんて

なかった・・・だからこいつが唯一フィールドモンスターでG落とすんで

コイツ狩ってGを稼ぐしか金策する手段が思いつかなかったんですよね

f:id:tumitate03:20211108224835j:plain

ちょっと戦ってみました

f:id:tumitate03:20211108225050j:plain

f:id:tumitate03:20211108225121j:plain

f:id:tumitate03:20211108225139j:plain

48G

当時もうちょっと貰えたんだけど調整されてG少なくなったんだよなあ

それでも時給3000Gぐらいしか稼げなかったんですよ

半日やって2万G貰って喜んでたんですからねあの時代

今考えるととんでもない低賃金の金策だったんすよね

 

そして日に日に

ここの狩場情報が拡散されてどんどん押し寄せて洞窟内は

何十人というぐらいプレイヤーが宝石の取り合いしてたっけw

 

当時こんな感じでしたわw

f:id:tumitate03:20211108224030j:plain

洞窟内はこのプレイヤーの数ですよwwwありえないでしょw

f:id:tumitate03:20211108225505j:plain

ひとつフロアに5PTぐらいいて

踊る宝石の取り合いでしたよ
それで時給3000Gですからね・・・

もうびっくりですよ

当時の3000G今でいう3万ぐらい価値あったのかなあ~

10万Gあれば結構いい装備買えた時代でしたからね

 

当時のポポラパの思い出として印象的だったのは・・・

ポポラパ洞窟でエル子プレイヤーが宝石狩りをしてて

それを見つけた裸人間男がそのエル子プレイヤーの前に現れて

あこ 他の男できたんか~まだ彼氏やぞ!ってチャットを連投してるですよ

f:id:tumitate03:20211108230447j:plain

そのエル子は逃げながら宝石狩りしてる

絵面今も忘れないですよ・・・

ちょっとしたトラウマですw

f:id:tumitate03:20211108230223j:plain

いまではこういうストーカー行為は

今では見慣れた光景でなんの不思議もないですが

当時こういう光景ははじめてだったし

はじめてMMOオンラインゲームだったので

やべーなドラクエ10って・・って思ったのがこの時ですw

 

そこからこの金策からレシピ狩りに代わり

盗賊金策へとシフトチャンジしていった感じですね

もしくわ職人にいって巨万の富を得るプレイヤーになる人もいましたし

強ボスが出てオーブを狙うガチプレイヤーになる人

そういった感じで皆の目的が

それぞれ枝分かれしていった感じのような気がします

それでも当時皆最初はこのポポラパの洞窟で

ほうせきを狩ってたんですよ!

皆通った道なんですこのほうせき狩りは

 

色々な意味で宝石狩りは思い出深いですね~

 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを 代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。