ゲーム積み立て名人

ゲーム積み立て名人

主にドラクエ10ネタ系ブログ、基本はゲームブログだお

版権の都合で遊べなかったかつての名作ゲームが遊べる時代に?

以前から記事でかつての名作ゲームが版権の関係で
現在の家庭用ゲーム機で遊ぶのがほぼ絶望的なゲーム
を紹介する記事を書くつもりだったのですが・・・
その中で版権の関係で絶対に遊べないぞと書こうとしたゲーム作品が
 まさか、まさかの
イメージ 1
エイリアンVSプレデター
家庭用で遊べる時代ついにキタ
イメージ 2
日本ではまだ発売が決定はしていませんが
カプコンにてアケコン型ゲーム機Capcom Home Arcade」の
収録タイトルの中に「エイリアンVSプレデター」が入ってたのです
まさか、まさかの「エイリアンVSプレデター」のために
あのカプコンが版権をとりなおしたのが驚きでした
日本国内ではどういう形で家庭用に出すかわからないけど
今後なんらかの形でエイリアンVSプレデター
家庭用で遊べるのは間違いないだろう。
私的にはこの実現はかつて2005年に発売された
PS2カプコンクラシックコレクション」が
発売された時アンケートで
今後収録してほしいタイトルで
長文で「AVPの家庭用版を出してくれ!」
と切実に懇願し続けてきました
でも冷静に考えてみたらハリウッド映画の人気作品
「エイリアン」「プレデター」という2作品の版権の問題がある以上
この過去のゲーム作品1タイトルのために
家庭用に出すなんてほぼ絶望的だな~と諦めてました
なので以前記事にもした中華ゲーム機で我慢していたのですが、
ここにきてまさかまさかの家庭用で発売決定してしまうとは
14年間切望していたのがようやく叶ったのです
あのカプコンが版権を取り直したのが
ただただ驚きでしたなにせ・・・
売却しちゃう会社ですよ?
当時2004年格ゲーに見切りつけたカプコン
USAカプコンにストリーファイター版権を売却
イメージ 6
昨年発売したストリートファイターコレクション」の
日本語表記版の発売もある意味
版権元はUSAカプコンなので日本語表記版の発売は
ある意味これもまた凄い事だったりします。
日本ユーザーが怒らなければ
海外表記ままで出てたかもしれません

このエイリアンVSプレデターに限らず
これまで版権の関係で家庭用に出すのが難しいと思われた
イメージ 3
昨年発売されたジャンプミニもそうだ
名作というより迷作ですが
イメージ 4
イメージ 5
Wiiバーチャルコンソールでも版権の関係で
配信されなかったので、絶対かつてのジャンプゲーは
絶対家庭用で発売されないだろうとおもっていたら
ここ最近のかつてのゲーム機クラシックブームの影響で
まさかの家庭用で発売されたのは衝撃でした


後、ドラクエもそうですよね
2011年にWii版で発売された
イメージ 7
イメージ 8
特にファミコン時代のドラクエ作品を
そのまま今家庭用で出すのは
色々版権とか複雑なようです。
過去のFF作品は配信されているのに
過去のドラクエ作品は配信されてません
ドラクエの版権の問題は
元々ドラクエ集英社のジャンプ企画で作った
ゲーム作品なのでそういう事情やら
開発がエニックスだけでなく色々な
会社が関わっているので色々な権利の問題
すぎやま公房の音源の版権の問題やら
音源でいうと聖剣伝説3がなにかの音源の版権で発売できない
とか言われたけどスイッチで無事発売されてたっけ
だから当時このタイトルが
発売が決まった時わりとびっくりしました。
ファミコンミニのジャンプバージョンで
FC版ドラクエ1がしれっと収録タイトルに
入ってるのを考えると集英社がらみなのかも
今現在でも過去のドラクエ作品は遊べますが
今の家庭用で出すのは難しいんじゃないですかね?
イメージ 9

そういう意味では
任天堂ハードになっちゃうけど
ドラクエ1.2.3が発売されたのだから
当時のFC版&SFCドラクエ4.5.6が収録された
パッケージが発売してほしいですね
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

  過去のリメイクのドラクエ作品でなく
 当時のグラフィックのオリジナル版の方で
  遊びたいという人も多いと思います

ワンクリックしてくれると元気でます
イメージ 2イメージ 3

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを 代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。