ゲーム積み立て名人

ゲーム積み立て名人

主にドラクエ10ネタ系ブログ、基本はゲームブログだお

80年代~90年代前半のTVゲーム番組はカオスだったwww

今現在地上波で放送されているTVゲーム番組
イメージ 1
イメージ 2
どちらもテレビ東京系列の番組だが、
勇者ああああはゲーマー寄りのバラエティ番組
有吉eeeee!は芸能人の家でゲームをやる番組
どちらの番組もゲーム番組ぽくて好感がもてる
番組の出演者もそれなりにゲームをやってるし

 昔のゲーム番組は
 ひどかったwwww
ゲーム番組なのに好きなゲームが紹介されない
ゲーム番組なのに司会者がゲームに無知
ゲーム番組なのにゲームの紹介がワンコーナー


1986年~1990年
ファミっ子大集合
ファミッ子大作戦
イメージ 3
ターゲットは小学生メイン!
リアルタイムで見てはいたんだけど、
そこまで毎週みてなかった
スポンサーのメーカー事情もあって
人気ゲームの情報は限られていたが、
ドラクエ3発売直前の時に特集もやったり
毎週ファミコンベスト10を
やったりゲーム番組ぽかった
イメージ 4
こんなゲームが売れてた時代ですよ
イメージ 5
それでも子供の頃に感じてたのは
番組司会者全然ゲームの事知らないでやってるな
子供だったからとにかくテレビで
ゲームが映ってればなんとなく喜んでたね
子供はなんとかそれとなくゲーム番組と
騙せられたと思います。色々ひどかった

その後番組はかなりひどいww
江戸家猫八時代はゲーム番組史上、誰得番組で
カルチャーブレ-ンしか得しないゲーム番組だった
イメージ 6
1991年~2003年
THE:ゲームパワー
ゲーム王国
ゲームEX
イメージ 16
3回番組名を変えているが10年以上続いた
長寿番組だった模様
イメージ 7
そのゲームの事を知りもしないで
知ってるふりをする猫八師匠
とにかくてきと~な猫八師匠
観覧にきてるつまらなそうな子供達
基本は前番組ファミっ子派生のゲーム番組で
番組内はゲームの得点を競う番組
スポンサーで有名な所は
しかしカルチャーブレ-ンの存在が大きく
番組内で謎のカルチャーブレ-ンのゲーム推し
クソゲーをずっと見させられる糞番組
番組で子供達がゲームの得点を競うコーナーで
賞品が望遠鏡、宝石とかゲームに関係ないもので
毎週優勝した子供達は困惑していた



PCエンジン専門番組
イメージ 8
大竹まことのただいま!PCランド
1989年~1992年
大竹まこと最初で最後の帯番組
イメージ 9
猫八同様、ゲームを一切やらない司会者
それでも大竹まこと自身が面白いので
テレビ番組として成立した
当時テレビ東京で1番の視聴率番組だった

イメージ 10
あくまでゲーム紹介はおまけで
基本はバラエティ番組でした
個人的に好きだったコーナーは
「渡辺になっちゃうぞ~」でしたw
イメージ 11
ゲーム担当の渡辺浩弐さんの存在も大きかった
渡辺さんのPCエンジン紹介は
毎週ドキドキしながら見ていた!!
特にイース天外魔境2の情報は
ゲーム雑誌より情報が早かった

高視聴率を取ってたのも関わらず
惜しまれながら終わった珍しいゲーム番組

その後の番組は・・・
イメージ 12
女子高校生をPCエンジン
やらせたら流行りそうじゃね?
軽いノリでと始まったゲーム番組
聖PCハイスクール
1992年~半年で終了
イメージ 13
PCランドよりPCエンジンを紹介した番組
ゲーム番組らしいゲーム番組だったけど
あっけなく終わっちゃいましたね

そしてPCエンジン系の番組
最後のゲーム番組は
イメージ 14
県知事になる前のそのまんま東
美少女戦士ポワトリン役で有名だった花島優子が務める
そのまんま東
バーチャル放送局
そのまんま東のバーチャルZ
1992年~1993年
大竹まことPCランド、聖PCハイスクール同様
ゲーム番組なのにゲーム紹介が
ワンコーナーしか紹介されない謎仕様・・・
それで番組がつまらなければ当然終わるわけで
バーチャルZで当時流行ってた
ウゴウゴルーガ路線にいくも大失敗
あえなくこの番組を最後に
PCエンジン紹介する番組は消滅した・・・
翌年94年にプレステやサターンが発売され
PCエンジンそのものが終わってしまうのだが


次は結構みていた人も多い筈の
    1990年~1993年
任天堂がスポンサーのゲーム番組
司会は渡辺徹さんで
初期は本田理沙加藤紀子でした
テーマ曲はシャ乱Qの『友達はいますか』で
覚えてる人は多いと思う
任天堂の自社のゲームゴリ推しの番組だけど
SFC全盛で任天堂無双の時代だったので
紹介されたらとにかく面白かった
でも番組はクイズやサッカーメインで
肝心のゲームはワンコーナー扱いは
変わらなかった・・・・
渡辺徹さんが司会が面白いから
そこそこ見れた・・・
そして2010年復活した愛されたゲーム番組
イメージ 17



個人的にはかなり好きだったゲーム番組
イメージ 18
 1993年~1994年
あの集英社が手掛けたゲーム番組
Vジャンプの編集長マシリト(鳥嶋)時代で
イメージ 19
これまでのゲーム番組とは違っていた
集英社の強みもあって
ゲーム業界屈指メーカーがスポンサーについた!!
(肝心の集英社はスポンサーについてない)
イメージ 20
スクウェアエニックス、ハドソンの
人気ゲームがバンバン紹介された

当時93年発売直前聖剣伝説の情報は
どこのゲーム雑誌よりも早く紹介された
イメージ 21
上記で紹介されたゲーム番組と違い
しっかり30分ゲーム番組だった

   しかし・・・
放送されていた時間帯が無謀過ぎた・・・
日曜の18時30分
サザエさんの裏で放送されていたのだ!
1年頑張ったけどあえなく番組終了


そして・・
あのファミ通がゲーム番組に!
イメージ 22
ファミ通ゲームカタログ
ファミ通ゲームカタログⅡ
1993年~1998年
イメージ 23
初代は今田&東野コンビで
2代目は伊集院光

東野は東京に進出したばかりで
「わけのわからん番組やめろ!」と言われ
今田が「吉本のゲーム業界進出のため」と
返していましたwww
とにかく今田&東野時代が一番面白かった
バーチャファイターのプロゲーマー
テレビ出演に緊張してた新宿ジャッキーを
東野がウルフのガチャプレイで
番組内でまさかの勝利!!
イメージ 24
その後すぐ再戦して新宿ジャッキーが勝つが
イメージ 25
ファミ通のライターでもあった新宿ジャッキーは
バーチャファイター攻略本を担当していたので
この番組内のシロウトに負けた事で
その攻略本の売上げが東野のせいで
落ちる事になり、当時ファミ通の編集長の
浜村さんの逆鱗に触れ
その後すぐ司会を伊集院にかわり
今田&東野が降板されたのでは?
と噂されたけどその後彼らが一気に売れたので
逆に降板を望んだのでは?ともありえますが
今田&東野は1年たらず務めたが
伊集院は4年近く務める
その後ファミ通ゲームカタログの
後番組がはじまる。
ゲームウェーブという番組で
その後伊集院がファミ通のゲーム番組を
ながーくやる事になるんですけど

イメージ 26
そんな感じでしょうか・・・

その後に2004年頃に
フジテレビの有野課長ゲームセンターCX
流行って、テレビ業界も気づきはじめた
しっかりゲームに知識がある司会者で
ゲームをちゃんとやる番組が求められてるんだ
って気づいたのは・・・
一番カオスだったのはゲーム王国の
江戸屋猫八時代でしょうか?
とにかく過去の動画で探すとあるので
かなりカオスと思うので見てみてください


ワンクリックしてくれると元気でます
イメージ 2イメージ 3




このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを 代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。