ゲーム積み立て名人

主にドラクエ10ネタ系ブログ、基本はゲームブログだお

スポンサーリンク

自己分析:ギャルゲーの歴史を振り返る 1991年~現在

たぶんギャルゲー入り口は
まさに思春期の頃だったので
今でいう萌え~というよりは
格闘ゲームのヒロインや
RPGのヒロインの淡い憧れが始まりだと思う
 
ドラクエならアリーナ 
FFならティナ
ワルキューレ冒険のワルキューレとか 
戦う乙女が主人公以上に輝いてた 
   
  
 
 
90年前半それっぽいゲームはあったけど
たぶんヒロインのみゲームはこの辺が始まりかな~
 
     1991年
イメージ 10
 
プリンセスメーカー
戦争孤児となってしまった幼女をプリンセスまで育ててく
育成シュミレーションゲーム
       1992年
イメージ 9
卒業
架空の高校の教師になり5人の問題児を無事卒業させる
育成シュミレーションゲーム
 
 
この時代はギャルゲーの育てゲーが走りでしたね~
自分の選択によって彼女の将来が決まる的な
この時代はただ指をくわえてあ~ちょっとやりたいな程度でしたね
後に家庭用ゲームで移植されましたが

    
 しかしこの二タイトル遊ぶには
 当時は高額だったパソコン(当時20万)が必要だったので
 今みたいに誰でも手軽に遊べませんでした。

   
 
でもゲームの中身は当時としては難度が激高すぎ
どちらかというと原画の赤井孝美(プリンセスメーカー)
竹井正樹(卒業)の絵の美しさに圧倒された方が上だったかな~
 
 
そしてその2年後・・・
家庭用ゲームでもようやくこのジャンルが
     1994年
イメージ 11
ときめきメモリアル
これは衝撃でしたね・・・正直買う時はかなり抵抗がありましたが
上の二作品と比べて極度の難度でもなく・・・
ほどよい難度でこれまで以上のキャラの感情が細かくて
ゲームとしての完成度も非常に高かった
イメージ 12

 しかしヒロインの藤崎詩織の攻略は
難攻不落でした
イメージ 18
 
      
      
      
しかし普通に考えて彼女落とす条件
とてつもなく数値高すぎる
学業&容姿&スポーツすべて高い状態で
さらにご機嫌取りをしないと落とせないという・・・
こんな理想の高さを求めるパーフェクト超人
   
個人的には虹野さんが好きでしたw
 
 
ここからギャルゲー黄金時代到来!!
 
 
 
 
         1996年
イメージ 13
サクラ大戦
漫画「ああっ女神さまっ」の作者藤島康介がキャラデザの
ギャルゲーが出る!?という衝撃は計り知れなかった
ときメモの影響で学園モノの恋愛シュミレーションゲーが多いなか
大正時代のロボット活劇モノはなにもかもが新鮮でしたね~
 
イメージ 14
ただ・・ストーリー、キャラ、世界観は最高だったんすけど
ギャルゲーの完成度となると、ときメモの方が上だった感はありましたね
好感度のフラグは残るけど各話を終えると
好感度数値がリセットされるので・・・前の話であんな仲良くなったのに
何事も無かったようになってしまったトコがマイナスだったかな~
ゲームをやってるよりはアニメをみてるような感覚でしたねw
 
 
 
そして家庭用ギャルゲーバブル崩壊となる作品が・・
1998年
イメージ 15
センチメンタルグラフティ
とにかくこの作品は詐欺みたいなギャルゲー
買うユーザーが原画家:甲斐智久の絵の美しさに
発売前は盛り上がりに盛り上がって・・・
なんと発売に先駆けて原画だけの
ディスク(2000円)が発売されて
プレミアがついた!
プレミア価格は3万円!!
イメージ 16
 
発売前だというのにグッズ関連で二億円以上の市場に・・・・
正直当方もこのゲームのグッズにかなり高額なお金をかけました
それゆえに当時の原画家甲斐氏の絵の美しさは衝撃でした
 
 
その期待は最高潮!!
しかし・・・・
いざそのゲームが発売され遊んでみた所・・・
超クソゲーで吹いたwwww
 
まぁ・・・・なんというか全国各地のヒロインと浮気しまくるゲーム・・・
ゲーム性も皆無さらにゲーム内の絵も原画家の甲斐氏絵でない
クソ仕様
 

.        
とにかくこのセンチメンタルグラフティのために
グッズを購入するためにゲームショーに
徹夜して何十万も注ぎ込んだのに・・・
あんなクソゲーに変貌してしまうとは
   
 
ここで恋愛シュミレーションゲームという
ジャンルが終焉のきっかけになったと思う・・・
 
 
 2000年に入り・・・
 確立したギャルゲージャンルは・・・
 
            たぶんこれでしょうね・・・
イメージ 1
 トゥハート
 
 
イメージ 2
 カノン
なんの因果か流れは家庭用→PCに逆戻り
この頃はPCも安くなっていたのでね・・・
1991年の時と違うのはこの2タイトル元はエロゲーという事
そこから家庭用に逆移植(エロ無し)
 
俗にいうノベルズゲームってやつですね
いままでの数値上げて好感度を上げてく作業に飽き飽きして
純粋にヒロイン達との話を楽しみたいという・・・
自分は無かったのですが
そのシナリオが素晴らし過ぎてに泣いてしまう人続出したという
「泣きゲー」とも言われてましたね・・・
 
元はほぼ規制のないパソコンゲームなので
家庭用にない独自の世界観・・・誰も考えもつかない展開
それが全て新鮮で期待を上回る出来ただ驚愕しておりました
 
 個人的に衝撃だったのはこの作品↓
イメージ 3
   こみっくパーティー
      いわば同人界のバクマン的なノリのゲーム
    生涯で最高のギャルゲーかも
 
なんだかんだでこのジャンル
1番成功したのは・・
フェイト/スティナイト
イメージ 4
 
とにかくノベルズゲームの完成度は素晴らしかったが
その人気展開は成功が凄すぎる。
まさかここまで行くか!?というほど衝撃でした
               
  
 
ただこのノベルズゲームも今も確立されてるが
10年ほぼ進化もなく続いてるんで
飽き始めている方もチラホラ出てきて
そこからハルヒとかけいおんの影響で
アニメに・・・というのもあるし
 
ここ数年ノベルズ路線から離れて
家庭用で新たなる別のギャルゲーも
イメージ 5
   ラブプラス
 
 
イメージ 6
  アイドルマスター
 
イメージ 7
  トトリのアトリエ
 
 
  
イメージ 8
「あれ昔のジャンルに戻ったような・・・・」
             


昔ほどではないが
今でも気になってしまうのがギャルゲー
 
 
 結論
 ギャルゲーはゲームの一服の清涼剤
 
イメージ 17