ゲーム積み立て名人

ゲーム積み立て名人

主にドラクエ10ネタ系ブログ、基本はゲームブログだお

【アキバ】秋葉原が「オタクの街」になったきっかけはあるお店の購入特典がはじまり

前回の秋葉原を語る記事

オタクの俺が秋葉原に行く意味がなくなりはじめたのっていつあたり?

では2004年に電車男ブーム、

ヨドバシカメラが出来たあたりに

秋葉原の雰囲気がガラっと変わって

魅力がなくなったという記事でしたが

今回はその逆のオタクの俺が秋葉原に行く必要になった話

秋葉原「オタクの街」になったきっかけの話をしようと思う

f:id:tumitate03:20211114055702j:plain

オタクというカテゴリを出したら、

昔からそういうオタクの街ではあったのだけど

今のアニメ、ゲーム、漫画等のオタクの街になったきっかけの話ですね。

 

2006年頃に空前の秋葉原ブームが起きて

オタク特集とかテレビとかで取り扱われて

メイドさんのキャッチが異様に増えて

外国人観光客が押し寄せて町が大きく変わりましたね

f:id:tumitate03:20211114061718j:plain

 

オタクになった街 秋葉原で検索して出てきたサイトでは

秋葉原は家電を多く販売する「家電の街」から、パソコン好きが集まる「パソコンの街」となり、結果的にゲームやアニメ、フィギュアなどの需要が拡大したことで、多くのゲーム・アニメグッズショップ、フィギュア専門店などが進出した。こうして2000年代には「オタクの街」として知られるようになった。

 

間違ってはいないが、

はしょりすぎw

そもそも二次元オタクが来るようになったきっかけの

1994年~2002年の激動の秋葉原

語る人はあまりいない

 

 

今回の記事を書こうと思ったきっかけは先日発売された

美少女ゲーム絵師「みつみ美里」&「甘露樹」の全面協力で紡がれる、

90年代後半の美少女ゲーム業界の青春ストーリー

16bitセンセーション2巻見てハッと思ったのがきっかけ

漫画では90年代の後半空前の美少女ゲームブームが起きるお話

f:id:tumitate03:20211114061332j:plain

実は私もブログでそれについて

10年前に美少女ゲームについて

ブログで書いてたんですよね。


私の秋葉原デビューは1993年。

その時は普通の電気の街って感じでした

私が当時アキバに行く目的って地方の店より

ゲームソフトがとんでもなく安く買えたので

毎週のように群馬から通ってました

f:id:tumitate03:20211114064020j:plain

 

1995年

空前の美少女ゲームブームのきっかけとなる

PS版ときめきメモリアルが発売

f:id:tumitate03:20211114063610j:plain

その限定版を求めて秋葉原にオタクがどっと押し寄せた。

まずそれがオタクが秋葉原にくるように

なりはじめたきっかけだとおもいます

これは需要があると思ったのでしょう

お金を趣味以外使わないオタクたちをターゲットに

毎回買い物に来てもらえるようにしなければならない

秋葉原のゲームショップ側も考えたのでしょう

 

 

そこからゲームソフトの安売りから
美少女ゲームを多く取り扱う店が増え始めたんですよね

どのゲーム店も美少女ゲームを取り扱う店が急増しました

その時代はこの店より安くしますとかの価格競争だったのですが

 

あるゲーム店がその差別化はかるためにある秘策を立てます

そのお店は確かソフマップ

f:id:tumitate03:20211114064848p:plain

ゲームソフトは95年にPCFXから発売された

女神天国」ゲームソフト。

f:id:tumitate03:20211114064623j:plain

ソフマップがこの予約購入特典として

店舗オリジナル特製ポスターをお付けしますと告知

価格は値下げせず定価価格で販売

値段の安さより

オリジナル特典という付加価値をつけて

売る手法を編み出したのです

これにオタク達のハートを突き刺さります

 

それから当時競合店のメッセサンオーも追随を許しません

f:id:tumitate03:20211114065620j:plain

メッセサンオー「あっちがポスターつけるんなら

         ウチはオリジナルテレカや!!」

          

そのメッセサンオーでは

セガサターンで発売された

マリーのアトリエ』購入者には

オリジナル特製テレカ特典が付けました

これ確か私の記憶だと半日で完売しちゃったんですよ 

f:id:tumitate03:20211114065846j:plain

その影響でテレカ専門店でプレミアがついて

この購入特典が8000円で取引されたんです

ゲームソフトのおまけについた特典が

そのゲームソフトの価値を超えるという

とんでもない状況になります

それで転売してた人も多くいました

 

いままで価格が安い秋葉原から

付加価値の秋葉原

になるというのが

これが始まりだったと思います

 

これを見た他店舗も

次々を購入特典をやりはじめます

ラオックス石丸電気

ゼット(後のメディアランド)

サトームセン

各有名店舗の熾烈な

特典合戦がはじまるのです

ここから二次元オタクがこの街に詰め寄せるようになるのです

 

 

最高潮に盛り上がったのは1998年

 

センチメンタルグラフティ

f:id:tumitate03:20211114071138j:plain

 

ときめきメモリアル2の限定版を求めて徹夜で並ぶほど

長蛇の列が出来た秋葉原の模様をトゥナイト2で特集され

(この時、私もこの列にいましたw)

96年サクラ大戦の限定版の徹夜とか並びましたね

 

このコンシューマーゲーム美少女ゲームだけに

限らずエロゲーですらも特典店舗が増え

KEYのカノン、AIR

リーフのトゥハート

F&CのPiaキャロットへようこそ!2とか

最高潮に盛り上がりを見せます!!

 

 

その集まりだしたオタク達をみて

秋葉原の離れにあったアニメイト

秋葉原の路地裏にあった同人ショップとらのあな

秋葉原の中央通りに店をかまえるようになるのです

 

こういうオタク系ショップがどんどん増え

全国中のオタクが一同集まるコミックマーケットにて

オタク達が

コミケに帰りにアキバでも寄るか!というのが

定着していって

それが秋葉原=オタク街へと変貌していくのです

そこから電車男ブーム、メイド店が増えはじめ

今に繋がる感じですね

インタビューに応えているこの方いう

f:id:tumitate03:20211114070809j:plain

まさに趣味を持つ人が集まって街が変わった

それが秋葉原

今後秋葉原はどう変わっていくのでしょうか?

 

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを 代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。